長く着込んでほしい至高の一着|度詰め 吊り編み Tシャツ

吊り編みのふっくらさ・柔らかさ・耐久性を存分に堪能できる、NEPSを代表する逸品。見た目も肌ざわりも最高の風合い、良質なコットンを贅沢に使い、着込んでもヘタらない丈夫さを追求した、度詰め天竺吊り編みTシャツです。

ふっくらとした柔らかさ、さらりとした肌ざわり。

和歌山県の数件の機屋さんだけに現存する旧式の吊り編み機で、ゆっくりと時間をかけて編みあげたオリジナルの生地です。吊り編みで時間をかけてゆっくりと編み立てていただくことで、空気を含んだようなふっくらとした風合いに編み上がっています。糸の太さが均一でないスラブ糸を入れることで凹凸感のある表情とさらりとした肌ざわりも残しました。着初めから着込んだように柔らかく、長く愛用いただくうちにふっくらとした風合いが増していきます。

長く着込んでもヘタらない、しっかりと目の詰んだ度詰め生地。

吊り編み独特の風合いを残しながらしっかりとした生地に仕上がる、度詰めという手法を用いています。 度詰めとは簡単にいうと編み目の密度(度目)をつめること。編針の間隔と糸の性質、吊編み機の調子といった全てのバランスを微妙に調整しながら行う知識と経験が必要な編み方です。

吊り編み度詰め天竺生地を国内生産で丁寧に縫製することで、長く着込んでもヘタらない耐久性が生まれました。一枚のTシャツを大事に愛用することで、サステイナブルな環境貢献にも賛同することもできます。

国内生産によるしっかりとした縫製

縫製は日本国内で行い、長く着込んでいただくために、解れや型崩れがしにくい仕様にこだわっています。

3本針1本外し

最も大切なネック周りには3本針を使用。縫製仕様はTシャツの本場アメリカで’50年代に行われていた「3本針1本外し」で伸びのないしっかりとしたネックにしました。 3本針の2本をリブに、1本をボディに落とすことで、ネックを補強すると共にボディの伸びを同時に補強しています。

丸胴編み

筒状の生地を使うことで、身頃に縫い目がない丸胴編み。ストレスのない着心地の良さと、ストンとした綺麗なシルエットを生み出します。アメリカンTシャツに古くからみられる伝統の手法です。

年齢性別関係なく、きれい目に着れるユニセックスサイズ

Fサイズ・MSサイズは、女性や小柄な方がきれい目に着こなせるようパターンを見直しました。小顔効果も期待できる、すっきりとした広めリブネックを採用。 裾がもたつかないよう短い着丈に調整しています。

身幅をやや細めに腕周りをコンパクトに。日本人体型に合わせたスマートに見えるパターンです。ゆったりと着たい方は大きめサイズを選んでも大丈夫、バランスよく着こなすことができます。

一年を通して着れる日常着としてのラインナップ

一枚着でも様になるポケットTシャツをはじめ、インナーにも最適な無地Tシャツ、秋冬に活躍する長袖Tシャツなど、一年を通して着ていただけるベーシックなラインナップです。着てしまうと虜になる極上の風合い、リピーターになる方も多い逸品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top